ほとんどの女性は生理痛に悩まされている?

「私だけが生理痛に苦しんでいる・・・」と思っている女性も多いかもしれませんが、実はほとんどの女性が生理痛に悩まされています。
厚生労働省の発表によると7割~8割の女性が生理痛に苦しんでおり、その中の3割の女性が薬を服用しているそうです。
症状が酷い方だと痛みが強すぎて全く動くことができず、仕事に行けなかったり、家事をできない場合もあります。
そんな生理痛は閉経まで約40年間続くので、女性にとってはたまったものではないですよね。

また、最近の若い女性に生理痛は増えているといわれています。
みなさんもしているかもしれませんが、過度なダイエットは生理痛を悪化させたり、月経不順を引き起こす原因になります。
無理な食事制限で急激に体重を減少させるとホルモンバランスが乱れます。
さらに食事制限によるダイエットは筋肉量を低下させ、冷えを引き起こします。
過度なダイエットをするとこのようなことが起こり、生理痛を悪化させてしまいます。
場合によっては生殖機能が低下し、不妊の原因にもなるので注意してください。

生理痛は生活習慣や食生活とも大きく関係しているので、仕事が忙しい方、ストレスを抱えている方、食生活が乱れている方ほど痛みが強くなります。
あまりにも生理痛が酷い場合は婦人科や産婦人科の受診をおすすめします。

 

生理痛の症状

生理痛の症状は個人差が大きく、痛みが強い方もいれば、弱い方もいます。
痛みが強い方だと生活に支障をきたすほどの激痛を伴うので、仕事をするのも困難です。
また、生理になると痛み以外にも様々な症状が起こります。
そんな生理中の症状について詳しく説明します。

まずは生理中の女性を苦しめる痛みです。
生理開始から2日~3日ほど下腹部や腰に強い痛みを感じる女性が多いです。
下腹部の痛みは6割以上、腰痛は4割以上の女性が感じているといわれています。
下腹部痛や腰痛以外に頭痛や胃痛を伴う場合もあります。
頭痛は生理が始まると同時に起こることが多いです。

生理になると消化器に関するトラブルも起こりやすいです。
胃がムカムカして気持ち悪くなったり、吐き気を伴って食欲不振に陥ることもあります。

体がだるくなったり、めまいが起こるのも生理の特徴です。
生理痛のある女性の3割以上は体のだるさを感じており、症状が重い方ほどめまいが出やすいといわれています。
目の前が回転するようなめまいの場合、生理からきている可能性が高いです。

そして、身体的症状だけではなく、精神的症状も現れます。
ホルモンバランスが乱れて、普段は気にしないことでも気になり、すぐにイライラしてしまうことがあります。

 

 

生理痛の原因

生理痛を改善するには、どうして生理になると痛みを伴うのか知る必要があります。
生理痛の原因が分かれば、対処のしようがあるので、これを機会に学んでみてはいかがでしょうか。
生理痛の主な原因は5つあります。

・プロスタグランジンの過剰分泌
生理になるとプロスタグランジンと呼ばれる物質が分泌されます。
これが生理痛の原因物質で、プロスタグランジンの分泌が多い人ほど痛みが強いです。
頭痛や肩こり、吐き気などが起こるのもプロスタグランジンが関係しています。

・子宮の問題
子宮の出口が狭い女性ほど生理痛に悩まされます。
出口が広ければ経血がスムーズに流れるので痛みは少ないですが、狭いと流れづらいので痛みが強くなります。
出産を経験すると出口が広がるので、生理痛が弱まることがあります。

・体の冷え
体が冷えると血液の流れが悪くなり、生理痛が酷くなります。
女性は男性よりも体が冷えやすい構造になっているので、仕方がない部分もありますが、冷え性の方ほど生理痛が重くなります。

・ストレス
ストレスを感じると自律神経やホルモンのバランスが乱れ、血行が悪くなりますし、体温調整も上手くできなくなります。
その結果、症状を悪化させてしまうのでストレスにも注意しないといけません。

・生活習慣や食生活の乱れ
乱れた生活習慣や栄養バランスの悪い食事も生理痛を悪化させる原因です。
睡眠不足の方、運動不足の方、好き嫌いが多い方は気をつけてください。

 

 

生理痛は改善できるの?

毎月酷い生理痛に悩まされていると生理が近くづくたびに憂鬱な気分になりますよね。
しかし、そこで何も対処をしなければ、これからもずっと症状に悩まされることになります。
生理痛は改善できるものなので、諦めずに自分にできることは行ってください。

既に使用している方も多いと思いますが、薬を飲めば症状が緩和されます。
市販薬でも十分痛みを軽減できるので、我慢せずに服用してください。
ただし、薬にも色々な種類があり、自分に合ったものを使用しないといけません。
頭痛がある時はこの薬、イライラする時はこの薬といったようにそれぞれの症状に合ったものがあります。
さらに飲み方にも注意しないと本来の効果を得ることができません。

また、生活習慣や食生活を見直すことも大切です。
働いている女性の場合、睡眠を十分にとることができなかったり、コンビニ弁当で食事を済ませてしまうことが多いです。
こういった乱れた生活が生理痛を引き起こしている可能性があります。

ちょっとした努力や工夫で生理痛を改善できるので、何をやっても効果がないと諦めずに色々な方法を試してください。
それでも改善しない場合は病気が関係しているかもしれないので、病院を受診しましょう。

 

 

生理痛がひどい

生理痛が辛い

生理痛とサプリ

生理痛と薬

生理痛をやわらげる方法

生理痛の緩和